会社案内

会社概要・沿革

空調技研工業全景

会社創立以来長年にわたり、冷房・暖房・換気・防災のための空調機器の事業メーカーとして社会に貢献しています。制気口(空調用吹出口、吸込口類)、空調用ダンパー、防火・排煙用ダンパー、排煙口を開発、生産、販売し、建設業、設備業界の一翼を担い、業界一の生産力を持つまでに成長しました。
また、空研工業グループの一員として、その強力な営業力と営業網に支えられ、さらに生産技術の改善を図るため、当社独自のKGK生産方式を採用。また、業界に誇れる実験設備を完備して、ユーザーの多岐にわたるご要望に応ずべく実験、研究を重ねながら新製品の開発に日夜取り組んでおります。

会社の商号空調技研工業株式会社
代表者代表取締役 占部 幹彦
本社所在地福岡県糸島市志摩小富士968
TEL092-328-1377(代)
FAX092-328-1200
ホームページhttp://www.kuchogiken.co.jp/
創業年月日昭和41年3月29日
資本金1億円
従業員199名
事業の内容冷暖房用諸器具、並びに防災機器の設計・製作・販売
主な仕入先日鉄住金物産株式会社、日新運輸工業株式会社、JCM電子有限会社、トールエクスプレスジャパン株式会社
主要取引銀行商工組合中央金庫福岡支店、福岡銀行本店、親和銀行福岡営業部
発売元空研工業株式会社

沿革

昭和41年(1966)空調技研工業株式会社を設立し、空調用諸器具の設計・製作・販売を開始
昭和42年(1967)代表取締役社長に占部常信を選任
昭和43年(1968)第二次施設・設備の合理化並びに拡張計画に着手し、増産体制を完了
昭和45年(1970)空研工業株式会社と業務提携を行い、空研工業グループの一員として販路を全国に拡大
昭和46年(1971)第三次施設・設備の拡張を行う
昭和50年(1975)実験室132m2を建設
昭和55年(1980)実験室を再整備し、非等温吹出実験が可能となる
昭和59年(1984)糸島工場1,328m2を建設し、ダンパーの増産体制を確立
昭和63年(1988)本社及び本社工場新築のため、糸島郡志摩町に敷地1万坪を購入し、建築を開始
ロイド規格認証取得し、船舶用防火ダンパーの販売開始
平成元年(1989)本社及び本社工場(第1工場)5,202m2を新築移転し、操業を開始
併せて技術センターを建設し、非等温吹出実験、無音送風による完全無響室における吹出口の発生騒音の測定、ダンパーの漏煙実験設備、各種データのコンピューター処理を可能とした
平成2年(1990)本社工場にダンパー工場(第2工場)1,780m2を増設し、糸島工場を統合して、移転第一期計画を完了
ロイド規格追加認証取得
平成5年(1993)第4工場1,158m2を増設
平成6年(1994)代表取締役社長に占部幹彦を選任
平成10年(1998)ビューロベリタス認証取得
平成12年(2000)ISO9001を認証取得(94年度版)
組立式(SGC鋼板使用)ダンパー販売開始
ロイド規格追加認証取得
平成13年(2001)気流解析シミュレーション導入
地球環境にやさしい物流のバンニングシステム運用開始
平成15年(2003)ISO9001:2000を認証取得
平成17年(2005)新商品VAV・CAV発売開始
平成18年(2006)創立40周年を迎え、記念式典を行う
平成23年(2011)技術研究所新築
pagetop